火山のはたらきが生み出した信仰の地

恐山

地獄にたとえられる景色

今も活動する活火山

実は、「恐山」という山はありません。釜臥山をはじめ下北の中央にある山をまとめて「恐山」と呼んでいます。恐山周辺のような真ん中だけくぼんだ地形は「カルデラ」と呼ばれるもので、火山活動や噴火にともない、大量の火山噴出物やマグマが地表に出て、大地が陥没することによってできる地形です。この周辺は、現在も活動する「活火山」で、地面からガスや水蒸気、温泉が出て、湯気がたっている様子を見ることができます。

大尽山から見たカルデラ

大尽山から見たカルデラ

火山ガスが噴き出す場所

火山ガスが噴き出す場所

信仰の地「霊場恐山」

火山活動によって生まれたこの世のものとは思えない景観は、現世とあの世をつなぐ霊場・恐山を生み出しました。ガスの噴き出るごつごつした岩肌は地獄に、湖を囲む白い砂浜は極楽にたとえられ、死者をしのぶ人々の祈りの地として知られています。下北では古くから亡くなった人は恐山へ行くと考えられており、その信仰は「死ねばオヤマさ行ぐ」の言葉とともに伝えられ、人々のこころに寄り添う場所として大切にされています。

恐山菩提寺の山門

恐山菩提寺の山門

極楽浜

極楽浜

もっと深掘り!

カルデラ湖 宇曽利山湖

地域の人々は宇曽利湖と呼ぶこの湖は、カルデラに雨水がたまってできた「カルデラ湖」です。湖底から出る火山ガスによって、湖水は強酸性になっていますが、生きものがいないわけではありません。湖に適応した魚であるウグイや、湖周辺を優雅に飛ぶルリイトトンボなど、たくさんの生きものたちが見られることも恐山の魅力です。

宇曽利湖

宇曽利湖

ルリイトトンボ

ルリイトトンボ

エリア情報

PAGE TOP
ja Japanese
X