下北ジオパークでは、東北日本のダイナミックな形成史を感じることができます。
「付加体」、「新第三期海底火山」、「第四紀火山」、「堆積平野」という
下北ジオパークの4つの特徴は4色で示したロゴマークに表されています。

 付加体の形成、大陸縁辺にあった時代【約1億5000万年前~】


尻労褶曲

下北半島の土台は、プレート運動に伴い約1億5000万年前(ジュラ紀後期~白亜紀初期)

頃に当時の大陸の下に沈み込み付加して出来たものです。その時、様々な時代の堆積
物や岩石が剥ぎ取られ、入り混じりました。尻屋崎周辺などでは、2億4000万年前の海
山の上部にいた二枚貝の化石等を含む石灰岩や深海底に積もったチャート、強いい圧力
を受けて出来た粘板岩等を観察できます。 
尻屋崎メガロドン 尻屋崎閃緑岩 福浦付加体

 


 日本海の誕生と東北日本弧の土台形成【約1,600万年前~約1,400万年前~約260万年前】


焼山崎

プレートの運動に伴う日本海の形成は、約3,000万年前頃から予兆が始まり、約1,400万

年前に終りました。下北半島の西海岸では約1,600万年前以降の激しい海底火山活動の様
子を観察できます。
その後、東北日本弧にかかる力は、それまで引っ張られていた状態から均衡が取れた状態
に変化しました。
大地の活動の様子が大きく変わり、東北日本弧の脊梁山脈に沿って巨大なカルデラ火山活
動が起こりました。
大畑カルデラ等はその典型です。
安部城鉱山跡 磯谷基底礫岩 焼山崎

 圧縮の時代;第四紀火山活動【約260万年前~】


恐山菩提寺境内地から望む大尽山

東北日本弧にかかる力が現在と同じ強い圧縮に変わることで、大地の隆起が加速し、火山

活動も現在の形になりました。下北半島ではこの時代に5つの火山活動があり、第四紀の
初期には海面上に顔を出しました。恐山の火山は島弧の火山活動の中で最も海溝に近い火
山フロントの火山であり、その火山岩も特徴あるものです。
また、恐山の噴気活動が形成する独特の微地形は信仰の対象となり、多くの人々を惹きつ
けています。
津鼻崎_柱状節理 脇野沢・鯛島 大間・弁天島

 海の恵みと私たちの暮らし【約80万年前~】


斗南ヶ丘から望む田名部平野

チバニアンと国際認定されたこの時代の地層は下北半島にも広く分布しています。

大地は緩やかにも広く分布しています。大地は緩やかに隆起し、恐山と燧岳が活動し、
さらに約10万年の間隔で氷期・間氷期の海水面変動が繰り返しました。
これらの作用で海成段丘を始め現在の下北半島の地形が作られ、周囲の3つの海が下北
半島の豊かで魅力ある自然と文化を育んでいます。
宇曽利カルデラ 野平・縫道石山 燧岳火口跡

・下北ジオパークをエリア別に紹介

・下北ジオパークの認定商品