下北ジオパーク学術研究発表会の開催について

下北ジオパーク推進協議会では、下北地域における研究成果の蓄積を図ることを目的とし、当地域をフィールドとした調査研究を支援しています。そこで、令和2年度に実施しました研究の成果を皆さまに還元し、下北地域への関心を深めていただくため、発表会を開催いたします。

1.開催日時
令和3年7月3日(土) 14:00から16:00

2.開催方法
Microsoft Teamsを使用したオンライン上での開催

3.発表者
鎌田 耕太郎 氏(弘前大学)
「芦崎に分布する泥炭層の地質年代からみた砂嘴の古地理」
相澤 正隆 氏(琉球大学大学院理工学研究科)
「下北半島に分布する新第三紀の地質学的・岩石化学的研究 -特に日本海拡大期の火山フロント側火山活動について  -」
折橋 裕二 氏(弘前大学理工学研究科)
「令和2年度共同研究成果について(下北半島、鮮新世-前期第四紀におけるカルデラ形成期の珪長質マグマ変遷史)」

4.参加方法
(1)オンライン参加
申込方法:下記のオンライン申込フォームまたはメールでお申し込みください。前日までにメールにて発表会用のURLをお送りします。
メール:geopark@city.mutsu.lg.jp
(2)会場での視聴
下北管内在住者でオンラインでの視聴が難しい方は、「北の防人大湊安渡館 交流室」(定員30名)での視聴が可能です。(新型コロナウイルスの感染状況によっては会場での視聴を中止する場合があります。)
※会場での視聴は、下北地域にお住まいの方に限りますので、ご注意願います。
申込方法:申込書を下北ジオパーク推進協議会事務局まで提出ください。

■発表会の詳細及び申込書にはコチラ

5.オンライン申込フォーム


    下北ジオパーク関係者全国のジオパーク関係者(下北ジオパーク以外)ジオパーク関連学会の研究者その他

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です